患難を希望に変える神の愛

ローマ人への手紙5章1節~5節

ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。またキリストによって、…この恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。


世界的に広がる新型コロナウィルスによる不安、恐れ…、「世にあっては患難があります」と主イエスは言われました(ヨハネ16:33)。しかし、患難は患難で終わらないのです。そこから「約束のものを手に入れるために必要な忍耐」(ヘブル10:36)が生まれます。さらに練られた品性が生まれます。それは「精錬」を意味します。金や銀の鉱石が火で精錬されて純粋な金や銀となって輝くように、患難を通して、余計なものが取り除かれて、どうしても必要なものだけが残るのです。信仰が精錬されて、ただ主にのみより頼む人に希望が生まれます。主は望みの神だからです。患難は希望に変わるのです。聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

1.神の愛

ペテロとヨハネは、自分たちが行った奇跡について、その力の出所は自らにあるのではなく、イエス・キリストの御名によるものだと、素直に告白したのです。ペテロは、神様がイエス様に神の栄光をお与えになられ、救い主として現れてくださったことを語りました。
私たちを解放し、癒し、祝福し、恵みを与えてくださるのは、イエス様の御名なのです。私たちは困難に出会うと、自分の力で物事を解決しようとして行き詰まってしまいがちですから、救い主イエス様に注目したいと思います。イエス様はどんな方だったかというと、私たちの罪を背負って十字架で死なれ、3日目に死の力を打ち破り、よみがえられたお方です。そこには命があり、癒しの力があります。十字架とよみがえりの主イエス・キリストの御名が持つ恵みの大きさを受け止め直しましょう。

2.イエス様の御名によって祈る

神の栄光を帯びた偉大なイエス様は、あまりにも大きすぎる存在です。しかし、私たちは救い主イエス様に直接出会いたいと思います。イエス様に出会うためのきっかけは、どこにありますか。神様は、私たちが愚かで、足りなくて、どんなに弱い者であっても、イエス様の御名を唱えることをゆるしてくださいました。私たちには、イエス様の御名をもって祈るとき、偉大な恵みを働かせていただけることを感謝します。
私たちの祈りの中に、イエス様との明確な接点があることを忘れないようにしましょう。御名による祈りは、霊的なクリスチャンに与えられた、大きな賜物の祈りです。今日も私たちは、イエス様の御名によって祈り、癒され、解放され、勝利を得たいと思います。私たちは弱い者です。本当に強いイエス様の御名によって、癒しを祈ってまいりましょう。