私たちのまことの神殿であるキリスト

ヨハネの福音書2章13節~22節

ユダヤ人の過越の祭りが近づき、イエスはエルサレムに上られた。そして、宮の中に、牛や羊や鳩を売る者たちと両替人たちがすわっているのをご覧になり、細なわでむちを作って、羊も牛もみな、宮から追い出し、両替人の金を散らし、その台を倒し、また、鳩を売る者に言われた。「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」…イエスは彼らに答えて言われた。「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」…イエスはご自分のからだの神殿のことを言われたのである。…


自然界が実りの季節であるように、私たちもイエス様の前に実を結ぶ者となりたいと思います。

コロナ禍の不自由さの中でも、今も生きて働かれるイエス・キリストのからだである私たちの教会は、あの手この手で神様の福音を伝えるために活動しています。クリスマスを前に、イエス様の恵み、喜び、賛美、感謝があふれる教会でありたいと思います。

イエス様を証しするためにも、喜び、救いの恵み、神様の平安、聖霊の助けをいただき、まことの救い主であるイエス様の元気と力強さを日々体験していきましょう。

今日の聖書の箇所では、イエス様がメシヤ(救い主)としての働きを始められ、エルサレムの神殿に上られ、「大暴れ」されます。

イエス様は常に穏やかで優しいイメージですが、時には激しく厳しく人々に向き合われたのです。

人々は神殿で律法に従って動物の生贄と祈りをささげていました。しかし、遠方から、祭司に認められる傷のない完全な生け贄を携えてくるのは大変ですし、献金もローマ帝国の通貨からイスラエルの通貨に両替が必要でした。

そこで、高い値で規定に適う生け贄用の動物を売る商売人や、高い手数料を取る両替商が神殿で商売をし、祭司たちに手数料の一部を渡していたのでした。神様へのきよい礼拝の場所である神殿が、お金の絡む欲得の場所になっていたのです。

そこでイエス様は、その動物を宮から追い出し、商人の屋台をひっくり返し、「わたしの父の家を商売の家としてはならない」と言われたのです。これにユダヤ人たちが文句を言った時、イエス様は人々には理解できないお言葉(19節)で答えられました。

これは、神殿が単なる建物や場所ではなく、イエス様ご自身だという意味でした。イエス様が私たちの罪のために十字架にかかり、身代わりの死を遂げて私たちの罪をきよめ、イエス様を通して父なる神の愛に私たちを結びつけてくださいました。

そのイエス様こそ、生ける神の神殿であり、神の宮となられたのです。

主の復活後、「三日で壊れた神殿を建てなおす」という意味を弟子たちは悟りました。今日、ここでイエス様を信じる私たちも、このお言葉を心に留めたいと思います。

1.イエス様こそ本物の神の宮

旧約の時代にソロモンが建てた神殿は壊され、その後、再建されていましたが、人が建てたものは必ず滅びます。しかし、救い主イエス・キリストこそが、罪人である私たちをとりなして、神の愛と救いに結びつけ、永遠に滅びることのない本物の神殿となってくださったことに感謝しましょう。

2.本物の神殿である主が私たちと共にある

私たちは今、神の救いと祝福をいただくためにエルサレムの神殿に行かなくてもよいのです。お金を払って動物の生贄をささげなくてもよいのです。イエス様が共におり、イエス様の名によって祈れば、まことの神様と結びつけられ、祈りは聞かれるのです。

3.私たちの中に神の神殿がある

イエス様が共にいてくださる私たちは、聖霊が宿る神の宮です。私たちは、自分が神の宮に相応しくきよめられているか心を配りたいと思います。身勝手、わがまま、欲得ではなく、聖霊を心に宿し、イエス様への感謝と賛美があふれ、きよめられるようにと祈りながら聖餐式にあずかりましょう。

4.素直に悔い改める

自分の損得勘定で生きていないか、自分を神の光に照らして自分がどういう者かを素直に認めましょう。

神の前で悔い改めるなら、人生の再スタートを切ることができます。イエスの十字架と復活の恵みをいただくには、悔い改め、人生の再スタートを神に与えられることが必要です。

今、心を微調整しましょう。どこかでパリサイ人になっていないか、素直に自分を見つめ、取税人の祈りを自分のものとしましょう。イエス様が自分をご覧になって、何と言われるかを考えましょう。

自分の弱さ、だらしなさを素直に認め、悔い改めて祈るなら、もっと成長してより大きなものを実現できます。

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA