神の御旨にかなう賢さ

ルカの福音書12章16節~30節

…「ある金持ちの畑が豊作であった。そこで彼は、…『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」』しかし神は彼に言われた。『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」…


8月の第一日目に教会に集い、聖餐式の礼拝を守れることを感謝します。今日の聖餐式であなたの心が燃やされ引き上げられて、強められることを心から願います。

21世紀の豊かで便利な世の中に生きていながら、様々な心配事や悩み、不安が増えています。クリスチャンである私たちは、イエス様のお言葉に触れ、解放されて、のびのびと歩んでまいりましょう。

夏が100%の暑い夏であれば、私たちは、イエス様の命と愛に満たされた100%のクリスチャンでありたいと思います。

ヘブル人への手紙には、人がどうしても避けられない2つのことが書かれています。一つは、私たちは必ず死ぬということ。もう一つは、死んだあと神様の前で裁かれること。私たちを選び愛し救ってくださった神様から「愚か者」と言われるような魂の状態であったなら、永遠の滅びを意味します。それは、大変恐ろしいことです。

今日の箇所は、イエス様の譬(たと)え話です。ある大金持ちがいて、大豊作だったので、もっと大きい倉を建てようと考えました。しかし、神様はその大金持ちに、「愚か者。おまえの魂は、今夜おまえから取り去られるのだ。その倉と蓄えは何の役に立つのか」と言われました。

また、人間と比べたら、取るに足らないと思われる自然界の烏やゆりの花でさえ、神様が祝福して恵みを与えてくださっているのなら、愛をもって私たちを造ってくださった神様が、私たちにどんなによくしてくださるでしょう、と語られました。

私たちは、思い煩わないで、むしろ賢く、信仰に集中していきたいと思います。この8月をどのように生きていけばよいか確認しましょう。

1.一人ぼっちにならないように

大成功しても、聖書に出てくる大金持ちのように、共に喜ぶ友だちや家族が一人もいないようでは、「愚か者」と言われるでしょう。幸せや豊かさは、周りのみんなと分かち合ってこそ本物です。

2.幸せの土台は神様

大金持ちは、精一杯考えて大きな倉を建てようと計画しました。しかし神様から与えられた命は、あと半日だったのです。

私たちは、世の中の知恵や賢さを駆使していろいろな計画を立てます。しかし、命のより深い部分で幸せになれるように、命の与え主である神様に限りなく近づき、私たちの喜び、幸せ、笑顔の土台となるものを確認しましょう。

3.神様の視点を大切に

人間的な思いで、大成功だ!幸せ者だ!と叫ぶ前に、命の与え主である神様から「愚か者」と言われ、滑稽な悲劇の主人公にならないように気を付けましょう。魂の状態を見誤ることなく神様を見上げて、喜びや幸せを手にしましょう。神様が共におられる感謝や感動は色あせず、永遠に続きます。

21世紀の日本に生きている私たちは、イエス様が語っておられる時代に比べると、恵まれているのです。悩んで人生を終わらないで、イエス様と共に歩む人生を感謝する者でありたいと思います。

コロナの不安ばかりを煽(あお)るのではなく、本来の夏の楽しみを思い出してください。夏だからこその非日常的な楽しい行事もたくさんあります。喜びをつかみ取って明るく楽しく元気に過ごしてまいりましょう。

4.集まりは祈りを生み出し奇跡を生む

使徒12章でペテロたちが牢に捕らえられていた時、「…大ぜいの人が集まって、祈っていた」のです。すると、御使いによって助け出される奇跡が起こります。

ペテロは、主が御使いを遣わして救い出してくださったと分かり、彼らが集まっている所へ向かいます。

集まりは、私たちに与えられている霊的な力を発揮させます。祈りを生み出し、聖霊の力を生み出し、神の力を引き寄せます。私たちは、共に集まることによって、本当の力が出るようになります。

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA