信仰にあって“一堂に会する”価値

マルコの福音書1章32節~39節

…人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのもとに連れて来た。こうして町中の者が戸口に集まって来た。イエスは、さまざまの病気にかかっている多くの人をお直しになり、また多くの悪霊を追い出された。…イエスは、朝早く…寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。シモンとその仲間は、イエスを追って来て…「みんながあなたを捜しております。」と言った。イエスは彼らに言われた。「…福音を知らせよう。わたしは、そのために出て来たのだから。」こうしてイエスは、…福音を告げ知らせ、悪霊を追い出された。


2021年、真夏の日々の到来です。暑さにもコロナにも負けず、イエス様によって、日々、喜び、明るく、楽しく歩んでまいりましょう。

東京オリンピックが始まりました。開会式を見ていると、コロナ渦の中、一堂に会することは、途轍もなく大きな価値があると感動しました。やはり人間は、アダムとエバ以来、みんなと一緒に歩むように造られていると思います。

聖書の物語を見ると、神様の御前に集う信仰者の姿があり、一堂に会することが大切だと教えています。今日の箇所から、5つのポイントを見てみましょう。

1.イエスは人を引き寄せるお方

病を癒し悪霊を追い出す、救い主であるイエス様の周りには、人々がどんどん集まってきました。それが人々とイエス様との関係でした。

イエス様は近づきがたく、遠くから尊い教えを語るお方ではなく、人々を引き寄せるお方、基本的にいつも人々と共におられるお方でした。私たちの信じるイエス様は、そういうお方だということを思い起こしましょう。

2.イエスもその中にいます

「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです」(マタイ18:20)。私たちが信仰を持って集まれば、最少人数でも主は共にいてくださいます。

一般社会では、何人以上集まらないと有名人を呼べなかったりしますが、私たちが信仰を持って集まるならば、主は共にいると言われるのです。これはクリスチャンに与えられた素晴らしい恵みです。

主は交わりを好まれ、私たちが集まっているのを喜んでくださいます。

3.教会の原点は一緒に集まること

聖霊降臨の使徒2章では、ペテロたちの上に聖霊が降り、彼らは変えられ、イエス様を証しし始めます。人々は救われ、仲間に加えられました。

彼らは一緒にいて衣食住を共にします。信仰者の実生活の基本は、品行方正に生きるとか、聖書の研究をしていることではなく、教会に集まり、共に祈り合い、励まし合い、伝道し合う、一堂に会することに大きな価値があるのです。教会の原点はここにあります。

4.集まりは祈りを生み出し奇跡を生む

使徒12章でペテロたちが牢に捕らえられていた時、「…大ぜいの人が集まって、祈っていた」のです。すると、御使いによって助け出される奇跡が起こります。

ペテロは、主が御使いを遣わして救い出してくださったと分かり、彼らが集まっている所へ向かいます。

集まりは、私たちに与えられている霊的な力を発揮させます。祈りを生み出し、聖霊の力を生み出し、神の力を引き寄せます。私たちは、共に集まることによって、本当の力が出るようになります。

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA