・ プロテスタントとカトリックの違いは何ですか?

プロテスタントの始まりは、皆さんご存知のルターの宗教改革です。

当時の教会(カトリック)の修道士であったルターは、聖書を学ぶうちに教会の教えやあり方が、聖書と違っていることに気づきます。そして、1517年に聖書の教えに立ち返るべきであるという抗議文を教会の扉に貼り出しました。

この意見に賛同する人々が各地で瞬く間に増えて、プロテスタント教会が生まれていきました。

カトリックでは、聖職者は一般的に神父と呼ばれるのに対して、プロテスタントでは牧師や伝道師と呼ばれます。

また、三位一体の父なる神、子なるイエス・キリスト、聖霊なる神を礼拝します。 人であるマリアや聖人を拝んだりはしません。

そして、教会にある十字架にはイエス・キリストが付いていません。イエスは私たちの罪の身代わりとなって十字架で死にましたが、3日目によみがえられたので、私たちの罪のあがないの象徴としての十字架だけがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA