主の十字架の贖いの素晴らしさ

ローマ人への手紙5章6節~8節

私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。


クリスマスにクリスチャンが信仰の証しを持って立ち上がる事には大きな意義があります。クリスマスの主役はイエス様なのですから、イエス様の意味が本当にわかっている私たちが証ししなくてどうなるでしょうか!

この一年を振り返ると、コロナの影響で「暗闇」が人々を覆い、人々の心を不安で覆っている時代。だからこそ「暗闇」に輝く「救い主」の「光」、イエスを述べ伝える事が本当に大切だと思わされます。神さまから与えられた2021年、闇の中に置かれたような一年であったからこそ、むしろもっとイエスの恵みをいただいて輝こうではありませんか! クリスマスの日々、主の素晴らしい御業を実体験しましょう。

イエス様は、この世に降って来られただけではなく、神の素晴らしさを証しし、病を癒し、私たちの罪のために死に、信じる者には救いと天国への道を約束されました。今日の聖書箇所から、「イエスの十字架の贖い」について、イエスの恵みの深さ、贖いの凄みを見ていきたいと思います。他の者には成し得ない素晴らしい神の恵みが4つあります。

1.救いは取引や交渉ではない

私たちが「まだ弱かったとき」「まだ罪人であったとき」に、つまり、神と何も取り引きする価値もない私たちが救われたのです。イエスが十字架の上で救いを成就してくださったのは、救われるために何の交渉の余地もなかった私たちに一方的に与えられた恵みであったことに感謝しましょう!

2.理解を超える先回りの救い

私たちが何もしていない時に、何も知らない時に、神様の方が先回りして救いの道を備えてくださったのです。罪人で自分では救われようのない私たちのために、何と神様が先回りして救いの道を備えてくださったのでした。

前澤さんが宇宙ステーションに行くのに、公表はされていませんが、55億円くらいかかるそうです。しかし、天国に行くのにいくら要りますか? とても買えません。それほど価値ある代価が、イエス様によりすでに払われたのです。

3.救われ得ない罪人に与えられた

死刑になるしかないと思われるような犯罪人を助けようとして、世界平和のために尽力し、尊敬を集めている人が身代わりになって死ぬと言えば、誰でも、それはやめてほしいと思うでしょう。

イエスの身代わりの死とは、そういうことです。どうしようもない罪人の私たちのためにイエスは身代わりになってくださったのです! 救われ得ない者を救ってくださった、キリストの十字架のとてつもない凄さに感謝したいと思います。

4.とてつもない恵み・神の愛

誰かから本当に愛してもらう、命まで捨ててくれるほど愛してくれる、そういう愛と出会うのは本当に難しいものです。けれど神は、私たちを愛してくださいました。天地宇宙を創られた神が、私たちを愛してくださっているのです。

ヨハネ3:16には「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された」とあります。神があなたのことを愛してくださったのです。このとてつもない恵みに感謝しましょう。イエスの十字架の恵みの凄みを感謝して、この聖餐式に与(あずか)りましょう。

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA