主キリストにつながることでの恵み

ヨハネの福音書15章1節~5節

わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。…枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。


クリスマスは、愛を表現する喜びの時として世界中に広がっていますが、クリスマスが愛に満ちたものである理由は、ただ一つ。神の御子である救い主キリストが、あなたを救うために愛をもってこの世に下って来てくださったからです。

このイエス様の誕生を祝うクリスマスに、その恵みを一番わかっているクリスチャンである私たちが、証しをしていきましょう!

私たちは、コロナウイルスがもたらした悪い影響を受けて、今、まさに「光」が必要です。救い主であるイエス様が闇の中に輝く光としてこの世に来てくださった事実がどれほどすばらしいものかを再確認し、イエス様の愛に心から感謝しましょう!

本日の聖書箇所から、主キリストに繋がることで与えられる素晴らしい四つの恵みを確認しましょう。

1.命が与えられる

ぶどうの木を見たことはありますか? ぶどうの幹からは何本もの長い枝が伸びています。しかし、どんなに立派な長い枝であっても、幹に繋がっていなければ栄養分が届けられず、切り落とされて燃やされてしまうのです。私たちの人生において一番大切なことは、救い主であるイエス様に繋がっているかどうかということです。

今、あなたはイエス様に繋がっていますか? イエスに繋がり、命をいただきましょう。私たちの存在の理由も全部そこにあります。

2.願うものが与えられる

聖書には、イエス様が単に病気を癒して命を救出してくださっただけでなく、カナの婚礼や5000人の給食など、私たちの求めに応じて人生を豊かに潤すために必要を満たしてくださった記事が記されています。

イエス様は、「あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい(ヨハネ15:7)」とおっしゃいました。イエス様に繋がる者が祈って求めるなら、主は祈りに応えて私たちの人生に必要なもの、豊かにするものを与えてくださいます。

3.最高の愛が与えられる

イエス様は「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい(ヨハネ15:9)」と語っておられます。

イエス様は、私たちを愛し、命まで捨ててくださいました。コロナ禍で人と人とが分断されているうちに、愛を忘れることがないようにしましょう。イエス様はその愛を惜しみなく与えてくださいます。

4.実を結ぶ能力が与えられる

神様から愛と命をいただいている私たちは、しっかりと実を結んでいるでしょうか? イエス様は「わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり…(ヨハネ15:16)」と語っておられます。主は、あなたが実を結ぶようになるために、あなたを選んで愛してくださいました。

私たちはイエス様に繋がっているのですから、実を結ばないで終わることがないように気を付けましょう。どんな状況にあったとしても、クリスチャンである私たちは、イエス様を証しすることができるのです!

奉仕の実、捧げものの実、証しの実、魂の実り…。価値ある実を結ぶ者となりましょう!

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA