主キリストとの出会いに基づく信仰

ヨハネの福音書1章35節~42節

・・・ヨハネは、・・・イエスが歩いて行かれるのを見て、「見よ、神の小羊。」と言った。ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った。・・・ふたりのうちのひとりは、シモン・ペテロの兄弟アンデレであった。彼はまず自分の兄弟シモンを見つけて、「私たちはメシヤ(訳して言えば、キリスト)に会った。」と言った。彼はシモンをイエスのもとに連れて来た。イエスはシモンに目を留めて言われた。「あなたはヨハネの子シモンです。あなたをケパ(訳すとペテロ)と呼ぶことにします。」


教会の働きがこの2000年の間に一度も途切れることなく続いており、その中には福音宣教に労したクリスチャンの先輩たちがいることを忘れてはいけません。そして、私たちはその中の誰かからイエス様を伝えられ、信仰を持つことができました。

今日の礼拝を通して、イエス様と出会えたことを思い起こし、私たちも、1人でも多くの方にイエス様の愛を伝えていく証し人として立てられていることを自覚してまいりましょう。

今日の箇所には、洗礼のヨハネが自分の弟子たちにイエス様を紹介する物語が描かれています。ヨハネは、ヨルダン川のほとりで人々に水のバプテスマを授けていました。そこへ、イエス様も洗礼を受けにやって来られます。

ヨハネは、御霊が鳩のように天から下ってイエス様の上にとどまるのを見て、この方が神の子であることを知りました。そしてその翌日、イエス様がいらっしゃるのを見たヨハネは、2人の弟子たちに「あの方が神の小羊、救い主だ」と証しします。弟子たちはその証しを聞き、イエス様について行きました。ここから、3つのことを確認しましょう。

1.キリストとの出会いを告白する

アンデレは、わずか数日で彼に起こった経験から、自分たちの先祖が待ち焦がれた救い主がイエス様であると確信し、兄であるシモンに「私はキリストに出会った」と告白しました。

私たちにも、まだキリストを知らない時代がありました。しかし今、私たちはキリストと出会って、イエス様が救い主であると心に認め、教会に集っています。信仰とは、「私はキリストと出会った」というシンプルな信仰の告白が私たちの内側に生きているということです。

2.人々に証しする

この箇所でイエス様に出会ったヨハネの弟子は、2人。1人はアンデレ、そしてもう1人の名前は記されていません。

アンデレは、すぐに兄にキリストとの出会いを証ししました。もう1人は、どうしたのでしょう。誰かに伝えたけれど有名な人物ではなかったので、記事として描かれなかったのでしょうか。あるいは、キリストとの出会いを誰にも話さなかったのかもしれません。

話さないなら、何も起こらないのです。私たちも、キリストに出会いました。救われた者として、クリスチャンであることを周りの人々に証ししていきましょう。

3.恵みの連鎖が待っている

アンデレは、兄であるシモンをイエス様のもとに連れて行きました。そこでシモンもキリストと出会い、ペテロ(岩という意味)という名前をイエス様から与えられます。

ペテロは弟子たちの中心的な人物、そして使徒たちのリーダーとなりました。その後も、世界の歴史を変える教会の指導者となり、ペテロを通して何百万人という人々が救われていきます。ペテロの原点は何でしょう。アンデレが語った「キリストと出会った」という言葉です。この信仰の告白から、ペテロの人生は動き始めました。小さな証しが祝福のからし種となり、大きく成長していったのです。

「キリストに出会いました」。このシンプルな信仰の告白を、私たちも周りの人々に伝えていきましょう。連鎖反応が起こり、神の恵みは成長していきます。

4.素直に悔い改める

自分の損得勘定で生きていないか、自分を神の光に照らして自分がどういう者かを素直に認めましょう。

神の前で悔い改めるなら、人生の再スタートを切ることができます。イエスの十字架と復活の恵みをいただくには、悔い改め、人生の再スタートを神に与えられることが必要です。

今、心を微調整しましょう。どこかでパリサイ人になっていないか、素直に自分を見つめ、取税人の祈りを自分のものとしましょう。イエス様が自分をご覧になって、何と言われるかを考えましょう。

自分の弱さ、だらしなさを素直に認め、悔い改めて祈るなら、もっと成長してより大きなものを実現できます。

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA