主の招きに応じ人々と共に集おう

ルカの福音書14章15節~24節

…「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。…ところが、みな同じように断わり始めた。…しもべは帰って、このことを主人に報告した。すると、おこった主人は、そのしもべに言った。『急いで町の大通りや路地に出て行って、貧しい人や、不具の人や、盲人や、足なえをここに連れて来なさい。』しもべは言った。『…まだ席があります。』主人は言った。『…この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい。言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は、ひとりもいないのです。』」


神様は罪人の私たちを救い、恵みの御座に招いてくださっています。しかし、いつの間にか神様に不義理を働いてはいないでしょうか。

今日は「宴会への招き」のたとえ話から神様の御心を学び、神様との正しい関係に立ち返りましょう。

イエス様はこのたとえ話を通して、神様の家とはどのようなものかを語られます。主人は宴会に招いていた人々にしもべを遣わし、準備ができたことを伝えます。しかし、人々は、「畑を買ったので」「牛を買ったので」「結婚したので」…と、口実や言い訳をして宴会に来ませんでした。

主人は怒って、町の大通りや路地にいる人々を連れて来るようにしもべに命じます。しもべがそのようにしても、まだ席は空いていました。ついに主人は、「街道や垣根のところに出かけて行って、この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい」と命じます。

そして主人は、「言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は、ひとりもいないのです」と語ります。

イエス様は、せっかく神様から天国に招待されている人でも、わがままになって招きを反故にするなら、神様の恵みに入ることができないということを教えてくださいました。

1.わがままにならない

神様は、私たちにも天国の宴会の席を用意してくださっています。しかし、現在の私たちは、「仕事が忙しいから」「コロナで自粛しなくてはいけないから」…と、口実や言い訳を並べて神様の招きを反故にしてしまってはいないでしょうか。もし今、神様の前に不義理を働いているのならば、まず神様に「清めてください」と祈りましょう。

日曜礼拝のことを、英語で「サンデーサービス」と言います。「サーブ」には「仕える」と言う意味があり、神様にお仕えすること、これが礼拝です。私たちは、神様の前にへりくだって仕える者でありましょう。そして、豊かな恵みをいただこうではありませんか。

2.神様の深い愛と御心

この主人は、招待した人が思うように集まらなくても、途中で宴会を止めることはありませんでした。どんなことがあろうとも、最後の1席まであの手この手を使って熱心に人々を招いてくださいました。これが、神様の深い愛です。

「ひとりの罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちに喜びがわき起こる(ルカ15:10)」とあるように、神様はどんな罪人であろうと、招きに応じてやって来る者を拒むことはありません。主の御心は、ひとりでも多くの人を天国に招き入れることなのです。

3.神の恵みを分かち合う

コロナウイルス感染症は、まだしばらく続いていくことでしょう。しかし、閉じこもってばかりいる状態が続くと、体力が衰え、心が鬱状態になってしまわないか心配です。そろそろものの見方や生き方を変えてみませんか。私たちは神様の御心を受け止め、周りの人々に神様を宣べ伝え、愛を持って励ましてまいりましょう。

私たちも、招待されています。招待を反故にはせず、主につながり、主のしもべとして歩んでゆこうではありませんか。そして、ひとりでも多くの人が神様のもとに集うことを共に祈ってまいりましょう。

4.素直に悔い改める

自分の損得勘定で生きていないか、自分を神の光に照らして自分がどういう者かを素直に認めましょう。

神の前で悔い改めるなら、人生の再スタートを切ることができます。イエスの十字架と復活の恵みをいただくには、悔い改め、人生の再スタートを神に与えられることが必要です。

今、心を微調整しましょう。どこかでパリサイ人になっていないか、素直に自分を見つめ、取税人の祈りを自分のものとしましょう。イエス様が自分をご覧になって、何と言われるかを考えましょう。

自分の弱さ、だらしなさを素直に認め、悔い改めて祈るなら、もっと成長してより大きなものを実現できます。

5.集まり続けよう

初代教会が誕生してから、何十年も経って書かれたヘブル書は、教会に宛てた書簡です。

その10章25節に「いっしょに集まることをやめたりしないで」とあるように、何十年も教会に通ったから、もういいのではなく、むしろ集まり続け、聖霊の力で満たされ、互いに励まし合い、主によって祝福されましょう。

教会の生命線は集まりにあります。この夏、共に集まる価値を頂いて前進しようではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA