心の目を開いてください!

エペソ人への手紙1章18節~19節、列王記第二 6章15節~23節

…心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望み…、聖徒の受け継ぐ…栄光…、…私たち信じる者に働く神のすぐれた力…を、あなたがたが知ることができますように。

…彼は、「恐れるな。私たちとともにいる者は、彼らとともにいる者よりも多いのだから。」と言った。そして、エリシャは祈って主に願った。「どうぞ、彼の目を開いて、見えるようにしてください。」主がその若い者の目を開かれたので、彼が見ると、なんと、火の馬と戦車がエリシャを取り巻いて山に満ちていた。…


今日の礼拝の中で、私たちは神様に心の目を開いていただきましょう。そして、神様の御業を見ようではありませんか。

まずエペソ1章から、見るべき3つのものを確認しましょう。①救われたことで与えられる希望、②神様の子どもとして与えられている永遠の命の恵み、③信じる者に働く全能なる神様の偉大な力。

これらの約束・恵み・事実を見落とすことがありませんように。このコロナ禍にどんな困難があっても、私たちは偉大な神様によって強められるのです。この約束をいただいていることを忘れないようにしましょう。

心の目が開かれる物語として、今日は第二列王記に記された預言者エリシャのエピソードを読みました。

当時の北イスラエル王国は、敵対する様々な国に囲まれていながらも、絶妙に守られていました。敵国アラムは、軍事作戦失敗の原因が預言者エリシャの祈りによって神様の知恵が与えられているからだと分かり、大軍を送って、エリシャを急襲しました。

エリシャの弟子が朝起きると、ドタンの町はすでに軍隊に包囲されており、若い弟子は動揺してしまいました。

しかしその時、エリシャは「彼の目を開いて、見えるようにしてください」と祈って主に願いました。今日のメッセージから二つのことを学びましょう。

1.神の御業を見る心の目を開く

あなたの心の目は開いていますか?

肉の目で世の中の困難や問題ばかりを見ることがありませんように。クリスチャンとして与えられている特権は、心の目が開かれて、神様の御業を見ることができるということです。

エリシャは、信仰者として神様の助けを知っており、心の目を開くことを知っていました。エリシャの祈りによって若い者の目が開かれると、敵の軍勢さえ埋め尽くすほどの神様の軍勢がエリシャたちを守っている様子が見えたのです。

私たちも、エリシャと同じ神様の御業を信じる信仰者です。神様は今も生きて働き、私たちの祈りを聞いてくださるお方です。私たちの心の目を開き、神様の助けと守りが備えられていることを知りましょう。

2.神の最善が与えられる

心の目が開かれるということは、神様の助けが備えられていることを知るだけではありません。人の知恵を超える神の最善が与えられるのです。

このエピソードでは、エリシャの祈りによって若い者の目が開かれると同時に、アラムの急襲部隊たちの目が見えなくなりました。

エリシャは目が見えない彼らを誘導してイスラエルの都サマリヤに連れて行きました。驚くべきところは、イスラエルの王はエリシャの助言に従って急襲部隊を盛大にもてなしたというところです。

しかしその結果、アラムの略奪隊は二度とイスラエルの地に侵入してきませんでした。神様は、エリシャの命が狙われるという絶体絶命のピンチを、誰も予想し得なかった恵みへと変えてくださいました。

神様は素晴らしいことをなされます。私たちは肉体の目だけで物事を見て不安を抱えるのではなく、心の目を開いて神様の祝福と導きを見ましょう。

そして、自分の思いをはるかに超える最善のご計画が備えられていることを感謝しましょう。

3.救いは神のご計画によるという事実

私たちは、天地宇宙が創造される前から神様に選ばれ、愛されている存在です。そして、私たちがイエス様に出会って救われることもはじめから計画されていました。

神様の深いご計画の中で、私たちの人生には神様の愛が満ちていることを感謝します。

今、コロナの克服方法について答えを知っている人は誰もいません。人間の知恵では、この世の中は分からないことばかりです。

しかし、私たちには分かっている事実があります。私たちにはたましいの救いが与えられており、十字架の御業は既に完成しています。そして、私たちが神様によって選ばれているということは揺るぎない事実なのです。

さあ、私たちはクリスチャンとして力強く前進しましょう。

4.神の愛が常に注がれている

誰もが愛を求めますが、愛は見つからず、誰にも愛されないと嘆く人もいます。

しかし聖書は、「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです(Ⅰヨハネ4:9)」と語り、救い主イエス・キリストによって現され事実となった愛が、ここに存在すると断言しています。

人の愛が不確かで弱いことを感じますが、私たちの人生の道には、神の愛があります。

「私の人生は、あなたの御前にあります。私の人生の全てが、神と共にあります」と告白し、信仰の一本道をしっかりと歩み続けましょう。神の愛と恵みは、あなたに注がれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA