告白を伴う信仰の価値

ルカの福音書19章1節~10節

…ザアカイという人が…いちじく桑の木に登った。…イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。「…きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」ザアカイは…大喜びでイエスを迎えた。これを見て、みなは、「あの方は罪人のところに行って客となられた。」と言ってつぶやいた。ところがザアカイは立って、主に言った。「…私の財産の半分を貧しい人たちに施し…だまし取った物は、四倍にして返します。」イエスは、彼に言われた。「きょう、救いがこの家に来ました。…人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」


当時、ユダヤはローマ帝国の支配下にあり、人々は敵国であるローマに税金を納めていました。取税人の頭であるザアカイはローマの手先として働き、私腹を肥やしていたので、人々に嫌われていました。

イエスがお通りになるという噂を聞いたザアカイは、その姿を見たいと、いちじく桑の木に登ります。彼は背が低かったからです。

すると予期せぬ出来事が起こりました。ザアカイは、イエスに見出されたのです。彼は大喜びでイエスを家に招き、大宴会を開きました。そして、「財産の半分を貧しい人たちに施し、だまし取った物は、四倍にして返します」と宣言します。

具体的な償いをすることで、自分の悔い改めを表現したのです。この救いの物語から、信仰を具体的に働かせる4つのことを確認しましょう。

1.良い思いが与えられたら、すぐに行動する

「思い立ったが吉日」ということわざがあります。私たちは、心の中に神様から良いアイデアや思いが与えられたなら、すぐに行動しましょう。

私たち日本人は慎重で、良いアイデアがあっても、なかなか行動に移しません。私もその典型的なタイプで、神様が与えてくださった良いチャンスを、何度逃してきたのだろうと思います。

ザアカイは、イエスを信じて生きるという思いが与えられた時に、見よう見まねではありますが、即、信仰を告白したのです。

パウロも貧しい諸教会を支える献金について、捧げる思いが与えられたのなら、「今、それをし遂げなさい(Ⅱコリント8:11)」と語っています。神様から与えられたチャンスを逃さず、すぐに行動する者でありましょう。

2.身近なところで信仰を具体化する

ザアカイは、この世の事は全てお金でしか考えない守銭奴でした。彼は、自分にとって1番身近なお金のことを通して、信仰を告白しました。

私たちも、立派で清らかな目標でないといけないと思わなくてよいのです。1日1回聖書を読む、1日に1つ聖句を暗唱するなど、自分にとって1番身近でわかりやすい目標を立て、信仰を具体化していきましょう。

3.信仰を言葉で告白する

信仰が働くためには、神様に対してはっきりと言葉で信仰を告白することが大切です。また、神の家族である兄弟姉妹に分かち合い、祈りで応援していただきましょう。

聖書の信仰は、言葉にこだわります。心の中でただ思いを持っているだけでなく、言葉にしましょう。

ですが、何を告白するかによって、私たちの生き様は変わってきます。不平不満や人の悪口、諦めばかりを告白していると、罪の力に苛(さいな)まれる人生に陥ってしまうのです。

ついさっきまで悪人だったザアカイは、イエスの愛に触れて、はっきりと信仰を言葉で告白しました。私たちも、主に信仰を言葉で告白しましょう。

4.信仰を受け止めてくださる主

主は、神の御座から失われている罪人を探し出し、神の恵みからこぼれている罪人を救うために、この世に来たと宣言しておられます。私たちは、なぜ信仰を働かせるべきなのでしょうか。

それは、私たちの信仰を受けとめ、それ以上の恵みで祝福してくださる主が、今も生きて働いておられるからです。どんなに私たちが弱くても、主は救ってくださるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA