神学研究科        


Q.1「神学研究科」って何ですか?

◆「神学校は卒業したけど、もう少し学びたい」

と考えている現役牧師・伝道師のための特別コースです。

Q.2どんなメリットがありますか。

◆教会を牧会しながら学ぶことが可能です。

当神学校は、月1回1週間(月〜土)のスクーリング制を採用しています。「学びたいけど教会を長期に空けられない」そんなジレンマを持っている方に最適です。

スクーリングは、年9回あります。教会行事で忙しい4月、8月、12月はお休みです。

◆「現実と理想のギャップ」を埋める実践的な学びをすることができます。

現場での牧会生活は、神学生時代に抱いていたイメージと一致していますか?

神学生時代にはわからなかった教会の現状、抱かなかった問題意識を持ちつつ、もう一度具体的に「自分の教会」を念頭に置いた学びをしてみませんか?

きっと何か新しいヒントが見つかりますよ!

 

Q.3どんなコースがありますか。

教会成長研究コース

「自分の教会を成長させたい」、「どうしたら今の人数の壁を乗り越えられるか」等々、牧師として抱えている教会の具体的な問題を考えます。学んだことが、翌週からすぐ実践できる本格的なコースです。受講者同士の意見交換会も積極的に行なっていきます。

キリスト教教育コース

教育問題で揺れる現代日本。教会教育はキリスト者としての急務です。社会の流行り廃りに流されてばかりはいられません。実習や実践報告会など、多岐にわたるプログラムを基にCSを始め、教会での信徒教育をわかりやすくレクチャーしています。

海外伝道研究コース

当神学院は、インドを始めとするアジア圏への海外伝道を積極的に応援しています。そのノウハウを基に「宣教師」への実践的な学びが為されます。「宣教師になりたい」と思っている方に最適です。

牧会実践コース

カウンセリング論を中心として、教会を霊的に活性化させる方策を学ぶことが出来ます。現代人にわかりやすく福音を語るコツや、説教の構成、語り方など学べます。もっとスキルをアップさせたいと思われる方に最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 








Q.4授業はどんな形態で進められていきますか。

◆当神学校は、少人数でのゼミ形式を基本としていますので、そのほとんどは講義とディスカッションです。日頃から感じていた疑問、信徒には聞かせられない質問が、ここでは日常的に飛び交います。

自分の体験、経験を赤裸々に語ることによって、牧会に役立つ「学び」となるのです。

 
Q.5神学校はどんな刊行物を発刊していますか。

 ◆研究誌『SIGNSを年1回発行(現在5号まで)しています。また、季刊誌として

カルチャーマガジン『WONDERS』(現在10号まで)を発刊しています。

  神学論文や文書伝道の分野での活躍も期待できます。学べば学ぶ程「味の出る」神学校です。

 

Q.6見学コースはありますか。

 ◆ございます。スクーリング期間中は授業を体験できます。

  *体験頂けるのは、牧師・伝道師養成を目的とする「専攻課程」コースです。「神学研究科」も、基本的には「専攻課程」コースとの合同授業が主になりますので、神学校の雰囲気、授業レベルを実感していただくことができます。

 Q.7受講期間と費用はどれだけですか

◆受講期間は、基本的に3年間です。費用は年間40万5千円です(入学金別途)。

もちろん分割OKです。
  詳しくは、募集要項を下記にご請求くださり、ご相談ください。

◆ アンデレ宣教神学院のしくみ

 

 

 
申し込み・お問い合わせはここをクリック


mail

top