Q&A


Q1 将来は献身したいけれど、現在はどうしても仕事を辞めるわけには行かないので、今の仕事を継続させながら将来牧師となる道を探しています。
A1 当学院では、実社会で活躍するクリスチャン・ビジネスマンが現在の環境と影響力を保持したまま学ぶことができるように考慮されています。
一般的な全寮制の神学校とは異なり、仕事を継続しながら学べる集中スクーリング制の採用により、あなたの夢を実現します。
⇒「ごあんない」の特徴またはスクーリング制度をクリックしてください。
Q2
もうすでに献身して教会の働きに携わっています。
母教会の働きを続けながら、体系的な神学教育を受ける方法を探しています。
また、自分の教会・教団の伝統をふまえた上で、超教派的な広く客観的な視点を身につけたいのですが。
A2 当学院は、常に超教派的な立場を保ち、特定の教派にとらわれない広い視野での学びを目指します。
学びをすすめるうちに学生自身が各自の神学的立場を確立できるように配慮されています。
⇒「ごあんない」のバックボーンまたは特徴をクリックしてください。
Q3 現代の社会とより実践的な関わりをもつ、真のリーダーとしてスケールの大きな牧師になりたい。
日本伝道の壁を打ち破る新しい発想、積極思考のあふれる神学校に行きたい。
A3 当神学院は、先進国日本の現状にふさわしく、牧師・伝道師としての専門的な学びと実社会に通用する実践力を兼ね備えた人材の育成を目的としています。
今までにないユニークでスケールの大きな教育を行っています。
⇒「ごあんない」の対外活動またはバックボーンをクリックしてください。
Q4 伝道に対する熱意だけでなく、信仰に対する理解をバランス良く整理したい。
個人体験だけでなく、証しの実践のために組織的・体系的な学びをしてみたい。
A4 当神学院は、個人的体験から来る信仰の熱心さや伝道意欲をさらに充実し確かなものとします。
組織的で体系的な確かな学びを通してはじめて確固とした信仰が自分自身のものとなります。
⇒「ごあんない」の学習内容または特徴をクリックしてください。

mail top